PC用メガネって効果あるの?

MENU

PC用メガネって何?使用して効果あるの?

PC用メガネ,効果

パソコンが普及し始めてからPC用メガネなるものをメガネ店で見かけるようになりました。
このPC用メガネ、使用して効果はあるのでしょうか?

 

皆さんは光が一体どのような物理現象であるかご存知でしょうか。

 

光とは波である、というのは高校の物理で習う事柄ですが、赤い光、黄色の光、青い光など様々な光の色に応じてそれぞれ波には特徴が現れます。
その中でも青い光、ブルーライトは特に強いエネルギーを持った波であると言われ、その独特の波長が時に問題となります。
青の光を見続けると他の光に比べて刺さるような感覚がある、という経験がある方も少なくはないでしょう。

 

通常、赤や黄色の光は網膜に到達して認識されるまでに通過する角膜や水晶体といった組織に吸収されます。
そのため網膜に認識される頃には若干光のエネルギーそのものが減衰していきます。

 

しかし、青の光の場合、この減衰がほとんど起こらずに網膜まで到達してしまうのです。
光もエネルギーを持った波ですので、網膜に限らず体の各所に投射されるとそのエネルギーによって組織に負荷をかけます。
そのために網膜は長時間青い光に晒されると疲労してしまうのです。

 

この青の光、一般にブルーライトと言われる光はパソコンやスマートフォンの画面から多く発せられていると言われています。
PC用メガネはそのブルーライトが通過する際にエネルギーを減衰させることが可能で、網膜への負担を軽減する効果があります。

 

つまり、パスコンやスマホを利用する際にPC用メガネを使うことで目への負担を減らす効果があるといえます。

 

また、ブルーライトは目の疲れの原因であるだけでなく、肥満や不眠とも密接な関わりがある、とも言われています。

 

このように、ブルーライトとはなかなか侮れないものです。
出来るなら避けたい代物だけにPC用メガネを予防的に使用するのも健康のためにはいいでしょう。