スマホブルーライトの目への影響とは?

MENU

_スマホから出るブルーライトの目への影響とは?

スマホブルーライト,影響

スマホから出るブルーライトの目への影響について調べてみました!

 

スマホやパソコンなどから出る青い光の「ブルーライト」と言う言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。

 

なんとなく人体へ悪い影響があるんだろうなという漠然としたイメージや、目が悪くなるというイメージがあるという声はよく聞きます。
ブルーライトの浴びすぎはそれ以外にも大きな問題があることをご存じでしょうか。

 

紫外線の次にエネルギーが強いと言われているブルーライトは、目に直接的なダメージを眼球に与えると言われています。
長時間目を休憩させずにスマホを使いすぎると網膜に傷がつき視力低下やひどい場合は失明のリスクも高まります。

 

更にブルーライトを長時間浴び続けるとメラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなるのです。
つまり、体内時計が狂ってしまうことにより不眠症になりやすくなるのです。
朝がなかなか起きられなくなったり、日中の仕事や学校での授業に集中できない、などの生活習慣の乱れもブルーライトが人体に及ぼす影響の一つなのです。

 

または、夜中まで長時間起きていることによってついつい不規則な時間に夜食やおやつを食べてしまい肥満や生活習慣病を引き起こすなどの落とし穴もあるのです。

 

ただ、現代の生活にはスマホは切っても切り離せないアイテムですよね。
スマホを使い続けるためには私たち自身が使い方を考え、コントロールする必要があるのです。

 

夕方から夜寝る前は専用のメガネやフィルムでブルーライトをカットしたり布団に入る数時間前から寝るまでスマホは扱わないなどの工夫をしてうまく使いこなしていきましょう。