スマホえんきんとDHCブルーベリーエキスを比較

MENU

スマホえんきんとDHCブルーベリーエキスの効果を比較

 

目の疲れは、蓄積するので、毎日のケアが大切です。
最近は、目の疲れをケアするサプリメントが人気を集めています。

 

特に人気が高いのが、スマホえんきんとDHCブルーベリーエキスです。
この2つのサプリメントは、比較サイトでも紹介されていることが多いです。

 

そこでスマホえんきんとDHCブルーベリーエキスの違いについて調べてみました!

 

スマホえんきんについて

スマホえんきんは、ビルベリー由来のアントシアニンが、目の焦点を合わせやすくして目の疲労感を緩和します。
ビルベリー由来のアントシアニンは、目の疲れに対する効果が報告されており、多くのサプリメントに配合されています。
1日あたり53円という続けやすい価格も、人気の理由のひとつです。

 

スマホえんきんは、医薬品レベルの品質基準で製造されており、合成着色料や香料、保存料は一切使用していないので、安心して飲み続けることができます

 

DHCのアイケアサプリメントについて

DHCは色々なサプリメントを出している健康食品最大手の会社です。
アイケアサプリメントだけでもなんと6種類のサプリメントがありました。

 

スマホえんきん,DHCブルーベリーエキス

 

今回はその中でもスマホえんきんとよく比較されるブルーベリーエキスをピックアップしたいと思います。

 

DHCブルーベリーエキスの原材料

ブルーベリー(ビルベリー)エキス末、しその実油、マリーゴールド抽出物(ルテイン含有)、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB12、ゼラチン、グリセリン、カロテノイド、ミツロウ

 

DHCブルーベリーエキスの栄養成分

ブルーベリー(ビルベリー)エキス末170mg(アントシアニン36%)、しその実油156mg、総カロテノイド2mg、ルテイン(フリー体として)0.6mg、たんぱく質0.25g、脂質0.18g、炭水化物0.16g、ナトリウム0.65mg、ビタミンB1 2mg、ビタミンB2 0.4mg、ビタミンB6 2mg、ビタミンB12 40μg、熱量3.3kcal(1日あたり2粒)

 

スマホえんきんの栄養成分

ビルベリー由来アントシアニン57.6mg、ルテイン1mg、ビタミンB1 1.2mg(誘導体)、ビタミンB2 1.4mg(誘導体)、ビタミンB6 20.0mg、ビタミンB12 60.0μg

 

DHCブルーベリーエキスのブルーベリー(ビルベリー)エキス末は配合量170mgにアントシアニン36%が成分としてありました。
実際のアントシアニン量を計算してみたところ61,2mgでした。

 

スマホえんきんと比較してみるとややDHCブルーベリーエキスの方がアントシアニン量は多いです。
しかしルテイン量ではスマホえんきん方が多いですね。

 

どちらのアイケアサプリメントも互角の勝負といったところでしょうか。

 

日本では、長時間スマートフォンやパソコンを使うことで、目を酷使している人が少なくありません。
現代人の8割以上が、疲れ目を感じていると言われています。
1日中目を酷使していると、目の使い過ぎで近くが見えにくくなることがあります。
スマホ老眼も、様々なメディアで取り上げられています。

 

目が疲れて悩んでいる人は、20代や30代の若い世代でも増加しています。
目の疲れは、一時的なものだと軽視してしまう人が多いのですが、目の疲れを放っておくと、全身の疲れにつながることもあるので注意が必要です。

 

予防策にアイケアサプリメントを飲んでみるのもお勧めです。

 

DHCブルーベリーエキスは、加齢、ブルーライト対策、目の疲れなどのお悩みに効果的なサプリメントです。
アントシアニンを豊富に含んだブルーベリーエキスに、ルテインを含むマリーゴールドやビタミンB群、カロテノイドが配合されており、使い過ぎによる目の疲れを、優しくケアします。

 

スマホえんきんと飲み比べてみてはいかがでしょうか?