スマホえんきんとえがおのブルーベリーを比較

MENU

スマホえんきんとえがおのブルーベリーの効果を比較

 

仕事や家庭生活の中で目を酷使する機械が増えています。
特にスマホやPCの画面を長時間見続ける事により目の焦点が合いにくくなる事をスマホ老眼と言います。

 

スマホ老眼はそのまま放置しておくと肩こりの原因となったり、視力が低下しますし仕事に集中出来なくなるリスクがあるのです。
そんな時は眼科での受診が確実ですが、忙しい毎日では眼科に行く時間もない方にとってサプリメントでケアする方法があります。

 

アイケアケアのサプリメントでは「スマホえんきん」と「えがおのブルーベリー」などがありますね。

 

どちらのサプリメントの方がより効果を期待出来るのが比較してみると、自分に合ったサプリメントを見つける事が出来ると思います。

 

というわけで、スマホえんきんとえがおのブルーベリーの効果を比較してみました!

 

スマホえんきんについて

スマホえんきんは主成分にビルベリー由来のアントシアニンを含んでいて、1日2粒でビルベリー由来アントシアニンを57.6mg摂取する事が出来ます。
この57.6mgと言う量は日常的なモニター実験の結果、目の疲労感が緩和している数値です。
他にもルテインやビタミンB郡も配合していて、日常的に飲む事で目の疲れを和らげる効果を期待出来ます。

 

スマホえんきんの栄養成分はこちらです↓

 

スマホえんきん,えがおのブルーベリー

 

えがおのブルーベリーの場合もビルベリーエキスを配合しているのですが、こちらのエキスは酸化しやすいアントシアニンを効率的に吸収出来るように特許製法によって酸化しにくくしてある吸収型ビルベリーエキスを配合しているのです。
特殊な特許製法により、従来の吸収率よりも2倍の効率で吸収出来るだけでなく、ビルベリーの他にカシスやエルダーベリーにマキベリーの成分も配合していて、目の疲れを緩和する期待が出来ます。

 

えがおのブルーベリーについて

えがおのブルーベリーの栄養成分について調べてみました↓

 

ビルベリー果実抽出物、ブドウ種子油、オリーブ油、菜種油、カシス抽出物、EPA・DHA含有精製魚油、ビタミンE含有植物油、さめ軟骨抽出物、赤ブドウ発酵エキス粉末、フィッシュコラーゲンペプチド、マキベリー果汁粉末、ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、L-ヒスチジン、ビタミンC、植物レシチン、L-リジン塩酸塩、トマト色素、マリーゴールド色素、エルダーベリー果実色素、ヘマトコッカス藻色素、β-カロテン、ヒアルロン酸、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、香料(香袋に使用)

 

EPA・DHA含有精製魚油なども配合されているので、スマホ老眼対策に加えて、老眼であるご年齢の方にもお勧めしたいサプリメントですね。