MENU

眼精疲労が原因で肩こり?予防方法はあるの?

眼精疲労,肩こり,予防方法

眼精疲労は、長時間目を酷使することで、ものを見るピントを合わせてくれる毛様体筋の疲弊によって出てくる様々な症状です。
目の疲れ、目の充血、目の渇き、目の痛みとともに眼精疲労による肩こりや頭痛の症状も出てきます。

 

眼精疲労の原因となるもののひとつに、スマートフォンやパソコンを目の近くで長時間同じ姿勢で見続けることがあげられます。
仕事でパソコンを使う方は、座ったまま同じ姿勢で画面を見ることが多いかと思います。
寝る前にスマートフォンあるいはタブレットをみるのに、寝ころんだまま暗い部屋で見る方も多いのではないでしょうか?

 

長時間同じ姿勢で目を酷使することで眼精疲労が引き起こされ、同じ姿勢で体がこわばり、肩こりにつながっていきます。
眼精疲労も肩こりも日々続くと日常生活にも支障が出てきてしまうので、予防したいところですね。

 

眼精疲労による肩こりの予防法としては、スマートフォン、パソコンを見るにあたって一時間に一度は休憩も含めて目を離して遠くを見るようにします。
近いところをずっと見つづけることで、ピントを合わせ続けていると目の毛様体筋に大きな負担がかかってしまいます。
近いところをみたら、遠いところも見ることが必要となってきます。
遠いところをみるときに、ついでに肩回りのストレッチもできると血流も良くなるので肩こりの予防になりそうですね。

 

また、目の周り、肩回りを蒸しタオルなどで温めて血行を良くするのも予防法のひとつです。
視力の悪い方で眼鏡やコンタクトレンズの矯正が合っていない場合も、目が疲れやすくなるので眼精疲労からの肩こりも引き起こします。
定期的に眼科に行って、視力の適切な矯正をすることも予防になります。

 

仕事に集中していたり、ネットサーフィンに没頭してしまったりすると、ついつい長時間同じ姿勢でパソコンやスマートフォンを凝視してしまいがちです。
眼精疲労や肩こりが続くと辛いので…パソコンやスマートフォンは休みながら使ってくださいね。

 

参考:>>スマホえんきん口コミ効果について