スマホえんきんとめなりを比較

MENU

スマホえんきんとめなりの効果を比較

 

スマートフォンやパソコンを長時間使うことが多い若者の間で、老眼のような症状に悩む人が増えています。
スマートフォンやパソコンなどの画面を、長時間見ていると、目の周辺の筋肉が硬くなってしまいます。

 

そうなると、ピントを調節する力が低下して、若いのに老眼のように近いところが見えにくくなることがあるのです。

 

最近は、目の疲れをケアする様々なサプリメントが人気を博しています。
特にスマホえんきんとめなりは、サプリメントの比較サイトや口コミサイトでも高い評価を受けています。

 

というわけで、スマホえんきんとめなりの成分や効果について比較調査してみました!

 

スマホえんきんについて

スマホえんきんは、目の疲れに効果が期待できるアントシアニンが豊富です。

 

アントシアニンは、目の疲労が7日間で改善され、目の疲れの原因となる近点調節機能が4週間で改善されたという報告があります。
スマホえんきんには、ルテインやビタミンBも豊富に配合されています。
また、保存料や香料、合成着色料は一切使用せず、研究開発から製造まで、医薬品レベルの品質基準で製造が行われています。

 

同様に、めなりも紫外線を吸収して体内への侵入を防ぐアントシアニンが豊富に含まれています。

 

また、数あるブルーベリーの中から厳選したビルベリーを100%使用しているので、スマホ老眼に対する効果が期待できます。
特許取得ビルベリーは、独自技術が認められてアメリカで特許を取得したビルベリーエキスです。
普通のブルーベリーに比べて、アントシアニンが6倍もあり、吸収率が高く、持続力も約2倍あります。

 

めなりはネット上でも話題になっているサプリメントなので口コミも多かったです。
実際に飲んでみて効果があった人、無かった人の口コミが掲載されていましたが、効果があった方の方が多い印象でした。

 

めなりについて

めなりの栄養成分について調べてみました↓

 

スマホえんきん,めなり

 

スマホえんきんはビルベリー由来アントシアニンが57.6mg、ルテインが1mg配合されています。
めなりはビルベリーエキスが170mg、ルテインが12mgです。
スマホえんきんの場合、ビルベリーエキス160mg中にアントシアニンが57.6mgが配合されているので、ビルベリーエキスについてはめなりと10mgの差ですね。
ルテインはめなりの方が12倍ものの量になっています。

 

スマホえんきんとめなり、どちらがご自身にあうかめなりをお試ししてみても良いかもしれませんね!