MENU

目のピント調節の仕組みって?物が見えるメカニズムとは。

目のピント調節,仕組み

目のピント調節の仕組みや物が見えるメカニズムについて調べてみました。

 

人が物を見たり認識するためには目のピント調節が重要だと言われており、その仕組みが正しく作用する事によって正確に物を見る事ができるようになっています。

 

では目のピント調節の仕組みはどのようになっているのでしょうか。

 

まず物を見る時には眼はカメラのレンズのような働きをする水晶体の厚さを毛様体筋という筋肉を使って調整します。
例えば遠くを見る場合であれば毛様体筋が緩ませてから水晶体を薄くする事でピントを合わせますし、逆に近くを見る場合ならば毛様体筋を引っ張って水晶体を厚くすることによってピントを調整します。

 

これは水晶体が凸レンズとしての仕組みを持っているからこそのメカニズムです。
瞳孔を通過してきた光を屈折させてから眼底と呼ばれる網膜に像を結ぶことによって初めて正しく映像や画像を認識する事ができるようになっています。

 

これがカメラのレンズのような働きだと言われている理由です。

 

厚さを調整する事によっては言ってくる光の量や屈折具合を変化させる事ができるので近くのものなのか遠くのものなのかを判断して映し出す事ができるようになっているのです。

 

そしてこの仕組みにおいて最も重要な役割を担っているのが毛様体筋で、特に近くのものを見続けていると緊張状態が続いてしまうので疲弊してしまいます。
そうなってしまうと目のピント調節ができなくなってしまうので、近くのものが見えにくくなったり目が疲れやすくなってしまうというわけです。

 

普段当たり前のように見えている世界も、この目が上手く機能してくれているおかげです。
加齢によって目の機能は衰えることはありますが、上手にアイケアをして目を労ってあげたいものですね。