スマホ老眼の原因と症状について

MENU

スマホ老眼の原因と症状について

スマホ老眼,原因,症状

ここ数年で一気に名の知られるところとなったスマホ老眼。
ここではスマホ老眼の原因と症状についてご説明したいと思います。

 

老眼とは、個人差はありますが、一般に40代ごろから多くの人にく見られる症状です。
近くの小さな文字が読みづらくなったり、近くを見て急に遠くを見るなどした時に目のピントが合わせづらくなりなったりします。

 

これらの症状の原因は、加齢によって目の中でレンズの役割をしピントを合わせる働きのある水晶体が、硬くなり、弾力が弱まって調節する力が落ちることです。

 

スマホ老眼は、スマホの画面を長く見続けることによって、水晶体が近くを見る形のまま固まってしまった状態をいいます。

 

パソコンやタブレットなどでも同じような症状になることがありますが、より画面が小さく集中して見ることが多く、また場所を選ばず長時間眺めることになりやすいスマホでは、目の負担が大きく発症の率が高くなっています。
また、スマホから発せられるブルーライトが悪い影響を与えることも指摘されています。

 

スマホ老眼では、老眼と同じような症状が、若い人や子どもにまで現れてきます。
主な症状は、近くのものが見えづらい、目がかすむ、暗いところでの見え方が悪くなる、目が疲れるといったものです。
ほかに頭痛や肩こり、さらには全身の倦怠感などの症状が現れる場合もあります。

 

多くは一時的なもので、使用時間を短くしたり、遠くを見るなど意識して目のピントを変えたり、目のケアをしたりすることで、改善されます。
しかし、気付かずにスマホ老眼の状態が長く続くいてしまうと、治療が難しい状態になることもあるので、注意が必要です。