MENU

視力回復トレーニングってなに?本当に視力が回復するの?

視力回復トレーニング

視力が悪くなると、眼鏡やコンタクトレンズで矯正したり、矯正後も定期的に健診に行ったりする必要があります。
悪くならないよう気を付けるのはもちろんですが、一度下がってしまった視力って回復できるんでしょうか?
実は、効果的な視力回復トレーニングがいくつかあるのです。

 

視力回復トレーニングの中には、ものを見るときにとても重要な働きをしている毛様体筋(もうようたいきん)のトレーニングがあります。
遠近体操法は、遠くと近くを交互に見るトレーニングです。
毛様体筋を動かし、緊張をほぐします。
遠方凝視法は、遠くの一点をじっと見つめて毛様体筋をゆるめます。
見えそうで見えないものを見よう、と意識して見るのがポイントです。

 

そして、視力回復トレーニングのひとつとして眼球の外側の外眼筋を鍛える方法もあります。
目をギュっと強く瞑った後に顔を動かさずに上を10秒間見る。同様にギュっと瞑った後に下、右、左もそれぞれ行います。
指の先端で八の字を描いて目で追う体操、指を奥から手前へ行ったり来たり動かして目で追う体操もします。

 

そして、視力回復トレーニングには脳のトレーニングも挙げられます。
絶対に見えないだろうというものを「絶対に見える!」と声に出してみることで目がより多くの情報を取り入れようと頑張るのです。
脳を鍛えていくと驚くほど視力が回復した例があるそうです。

 

その他、視力回復トレーニングのためのアプリもあります。
2Dの画像を立体視して視力を回復させようとするトレーニングです。
スマートフォンやタブレットにインストールしておけば、空いた時間にでも手軽に視力回復トレーニングができますね。